読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にいたる病(死にいたる病とは絶望のことである)

論理的、厳密さをもって書かれている書物ですが、同時に教化的(キリスト教的に)な側面が切り離せない著作になっています。教化的と厳密さはなるほど両立しないとは言えない、少なくともそれは証明しないといけない事項ですが、ここでは両立しうることを示している点も面白いと思います。ある程度のキリスト教のバックグラウンドはあったほうが読みやすいでしょうね。ないと読めないわけではないです。

 

弁証法的」という言葉が非常にたくさん出てくるのですが、キルケゴールのいう「弁証法的」は一意的なものでもなさそうで、都度文脈から解釈をしたいところであります。弁証法というのはあるものとそれに対立するものがあって、互いの主張や齟齬の対比を繰り返しながらより高い次元(綜合)にいたる方法みたいに理解していますが、哲学は素人なのでこのあたり読み流してください。キルケゴールはひとつの事柄だけ取り上げて弁証法的と明言してから、なにとなにがどう対立するのか示されるという書き方もあるので若干注意がいります。

 

自由は、必然性と可能性は弁証法的というのはなかなか興味深かったところです。決定論者には可能性が欠けている、必然性しかないから手も足も動かせなくて絶望している。彼は束縛されているので可能性が必要だ。いっぽう可能性だけだと、自己を規定するものが完全になくなってしまって、可能性の大海で溺れてしまうと。

私はある大学で物理学を学びたいと思っていますが、これはある程度必然性であり、また学べうる環境に少なくとも現在はあるということは可能性があるということなんじゃないかなあと思っている次第です。

 

結局、こういう書物を必要としないというか、読んで嫌悪するようなひとは自己の認識からほど遠いひとであるし、指摘すると気分を損ねるんだろうなあと記しておきます。

 

絶望といってもいろいろな形態があって、読んでいると結局すべては絶望なのではないかと思いますが、その程度については言及されています。あまりにいろいろ出てくるので把握しきれていないしいちいち書いてもいられないので重要なことではありますが割愛します。

 

畢竟、絶望にどの程度気づいているのか、自己をどれだけ認識(確立)しているかは俗世での成功や名声とは無縁なのですよね。ただ、先のことに無頓着なひとは完全に流通貨幣のようにしか世の中でやり取りされていない存在ということは同意するところです。

 

絶望はまさに絶望しつつあるという点で永遠性が絡むのですね。絶望は死へ向かう、しかし絶望している限りは死ぬこと能わないわけです。まさに絶望し続けるしかないというわけです。身体の病であれば一度罹れば罹ったのはその一度きりであるわけですが、絶望するということは常に絶望しつつあるという点で決定的に異なるというわけです。

 

まだ読了していないので、絶望とは、という提起の部分の途中までしか読めていないのですが、なかなか面白い本なので少し読んだことのまとめを兼ねて記事にします。