読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筆記具

これはひとによって、100円のシャーペンやボールペンでもなんでもいいっていうひともいれば、こだわりのあるひともいると思うんですよね。私は後者です。100円のペンも使いますが。今回は筆記具にこだわることの理由、目的みたいなものを書こうと思います。

 

まず、すぐに高価なものを買わなくていいです。万年筆専門店などに行くと、高級万年筆や1万円以上するシャーペン、ボールペンが置いてあって、ほとんどの場合試し書きさせてもらえます。手に取ってみてください。100円のペンと比べてみてください。それ以上はなにも言いません。百聞は一見にしかずです。

 

私が持っているのは

Pelikan M800 EF, F

Pelikan M400 EF

Pelikan D400

PARKER ボールペン,シャーペン

LAMY safari

ですね。

 

特にM800は筆記性能においてはこれを越えるものはないと断言してしまいます。専門店で調整してもらえばこれ外のペンが持てなくなります。

 

でまあ何が言いたいかというと、ペンを持ちたいと思うことは書くこと、勉強すること、記録することに直接つながるんですよ。やりたくない計算もお気に入りのペンなら手に取れてしまうみたいな。それによい品は一生ものです。愛着もわけばどんどん手になじんできます。そうするとますますペンを手に取ることが増えるというわけです。素晴らしい。

 

M800, M400は万年筆、D400は0.7mm径のシャーペン、safariはリーズナブルな万年筆です。M800が一押しですが、最初はsafariとかでも十分だと思います。安価ですが優れた万年筆です。

 

書くのが楽しいってなんて素晴らしいことでしょう!