読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラヴェルの音楽について~徒然なるままに~

ラヴェルの曲って、とても楽想が幅広くて、それ故に理解しにくい面もあるのではないかと思うのですが、ラヴェルの曲って一貫してラヴェルらしさはあるのですよね。

 

いま、『ピアノトリオ』を聴いています。名曲として(ラヴェル好きの間では)有名ですよね。ピアノが割と複雑に、時には素早く美しいアルペジオでヴァイオリンと絡む場面があったり、コードががんがんとやはり複雑に奏されるところもあったり(第4楽章とか)面白いですよね。この作品はなかなか叙情的な作品だと思います。美しいです。

 

ピアノ曲といえば、いろいろありますが、初期の作品で言えば『古風なメヌエット』とか出だしからびっくりするような音のぶつけ方で始まるので印象的ですね。でもそこだけじゃなくて全体的に静かで穏やかな場面もありつつ力強いところもありつつ…当たり前なんですけど、しっかりメヌエットな作品ですね。和声が面白いんですね。それほど複雑な曲ではないと思うんですが、独創性の光る作品です。

 

個人的に一二を争う好きな曲は、『鏡』の『悲しい鳥』です。リズムはややこしいは調性もふらふらするような感じ(気持ちいいです)だわで技巧的に最難関ではなくとも難しい曲だと思います。途中、鳥の悲痛な鳴き声が同音反復で表現されている箇所とかすごく好きです。それ以外はアンニュイな感じで、一か所だけ際立った表現がされているのが印象的です。

 

『ピアノ協奏曲』はいわずもがなの名曲ですね。第一楽章は盛り上げはするんだけれど、どこか陶酔的な感じがあって(特に一部分顕著です)酔うにはいいですね。第二楽章はもう説明するまでもなく美しい楽章で、旋律が淡々と、情緒豊かに歌われて途中急に異世界に迷い込んだかと思えば、ふたたび冒頭の旋律がイングリッシュホルンで戻ってくるという実に感動的な楽章です。第三楽章は短めですがどんどん転調を繰り返していく面白い楽章ですね。

 

『夜のガスパール』の『スカルボ』はまさに狂気と呼ぶのがふさわしい楽曲ですね。あれだけやって楽曲として崩壊しないのが不思議でならないくらいですが、好きな曲です。

 

クープランの墓』の『フーガ』や『トッカータ』も好きだし、『ダフニスとクロエ』も外せないんですが、全作品挙げてるときりがないので以上挙げたくらいでラヴェルの音楽の多様性と奥の深さ、面白さを少しでも感じていただければ幸甚です。