読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリップコーヒーを淹れてみよう

ドリップコーヒー、興味はあるけどインスタントより面倒そうだし淹れたかもよくわからないし…という方も多いのではと勝手に思って簡単に自分流の淹れ方を書いてみようかと思います。

 

まず用意する器具類。

ドリッパー、コーヒーサーバー、ペーパーフィルター、コーヒー用計量スプーン

あれ、案外少ないですね。まああとやかんとかコンロとかコーヒーカップとか。

ドリッパーとサーバーというのはよく見るあれのことです。わからなければ検索すればすぐ画像が出てきます。

 

コーヒー豆は完全に好みですしわからないなら最初はとりあえず安いものであるとか、おすすめ商品みたいなのでもいいと思います。お店に行けばアドバイスもらえますし、ネット通販でもおすすめとか特徴とかいろいろ書いてあります。豆はペーパードリップ用に挽いてもらってください。それくらいです。

 

コーヒーはそんなに鮮度が持ちません。少し長めに保存するなら冷凍庫に入れておくのも良いです。ただ、冷凍庫に入れていたものを常温で放置すると酸化が進むというのも聞いたことがあるので、冷凍庫なら冷凍庫にしましょう。冷蔵庫でもいいと思います。かくいう私は缶に密閉して常温保存なのですが。

 

本題の淹れ方です。

お湯を沸かします。コーヒーの場合、100℃の熱湯より少しぬるいくらいが良いとか聞きます。私の場合は沸騰させて火を消して数秒待つ程度です。ほぼ100℃ですね…

ペーパーフィルターのセットのしかたですが、実はちょっと折り方みたいなのがあります。全然難しくないのですが言葉では説明しにくい。これもいろんなところに載っています。ちょっと折ったら、ドリッパーにセットして、水で湿らせてドリッパーに密着させます。ドリッパーとフィルターの間に隙間が空くとあまりよくないので必須の手順です。

 

豆は計量スプーンで、一人前ならすりきり一杯よりも気持ち多めくらいが適量かと思います。それをドリッパー(フィルター)に入れて、少し表面を平らに均します。

ちなみに計量スプーン、プラスチック製のものもあれば銅でできたものもあります。どちらでも変わらないと思うのですが、何となくリッチな気分を味わいたければ銅製スプーンが見た目ゴージャスです。値段は数百円です。

 

いよいよお湯を注ぎます。まず少量のお湯で全体を湿らせて何十秒か蒸らします。この時間は決まってはいないので最適な時間を見つけるのも楽しみの一つだと思います。私はだいたい30~40秒くらいです。それから、お湯が豆に垂直に落ちるように注いでいきます。ゆっくり、「の」の字を描くように注いでいきます。お湯を注ぐ速さでも若干濃さなど違ってきます。

 

ちょっとしたポイントなのですが、注いだお湯がまだ少し残る程度の段階でドリッパーを外します。完全に出し切らないということです。なぜかお作法のようですがベストな一杯を淹れるためのコツのようなものです。

 

サーバーのコーヒーをカップに注いで出来上がりです。いきなり飲むのではなく、最初は香りを楽しんでから飲むと少し幸せになれます。冷めないうちにどうぞ。